読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知数Xを求めて

起業家としての生き方、ビジネス英語学習、海外ビジネスについて書いています。

MENU

学生や若手スタートアッパーのリスク

起業論

20〜26歳くらいまでで起業し、割とスケールを目指してベンチャーキャピタルやエンジェル投資家から資金調達し、バイアウトや上場など派手にやろうとされている方をチラホラ見ます。

 
ちゃんと素晴らしいパートナーと組んで、同じビジョンに向かって協力関係を築くことができれば、素早くスケールさせ、規模の大きなビジネスを展開することができると考えています。
 
しかし、僕たち世代の若手起業家はピュアで社会経験が少なく、まだ人を見る目がない方も多くいると思います。
 
相手がどんな意図で、どのような発言をし、近寄ってこられるか。相手の表情や仕草、声のトーンや経歴など、総合的に判断して信頼できる方が否かを見抜けないと、中にはピュアで向上心のある若手起業家を食い物にしようとする方もいらっしゃいます。
 
本当に恐ろしい。。
 
これから起業しようと考える若手の方で、自己資本で地味にやっていく方はそんなに問題ないかと思いますが、割とスケールさせそうとする方は、ある程度実績があって、社会的信頼のある会社や個人の方と組んだ方が良いと思います。
 
学生だけ、若手だけでやろうとせず、ちゃんと信頼の置けるメンターについてもらい、志を共有できた方と組むとうまくいく可能性が高まるんじゃないでしょうか。