読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知数Xを求めて

起業家としての生き方、ビジネス英語学習、海外ビジネスについて書いています。

MENU

未来を予測するために学んだ最強の本5選

未来予測 思考力向上

f:id:gayan2:20160405141243p:plain

 

時代の流れを読む。

未来を予測する。

 

一見占い師のようで胡散臭い感じがしますが、

実はこれちゃんとした方法論があるんです。

 

ある程度アカデミックなバックボーンがあれば、

社会の中で次に何が起きるかを大体予測できたりします。

 

前提として、社会は人間の集合体であり、

その社会がどうなるのかは、人間や歴史をちゃんと学べば、

時代を大局的に俯瞰することができます。

 

それでは、その未来予測に役立った本を紹介します。

 

2022――これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)

2022――これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)

 

 

これが最も体系的にまとまっていて、分かりやすい本になっています。

これは、現代人の教科書だとさえ思っています(笑)

  

未来に先回りする思考法

未来に先回りする思考法

 

 

メタップスCEOの佐藤さんの書籍です。

これも物事を数学的なパターンでとらえ、世界を分析する思考方法が書かれています。

ブログにもいくつか方法論が書かれています。

http://katsuaki.co

 

 

21世紀の薩長同盟を結べ (星海社新書)

21世紀の薩長同盟を結べ (星海社新書)

 

 

この本も非常に素晴らしく、3年ほど前に読みましたが

あまりに感動したので、著者に連絡しようとしましたが、結局していません(笑)

ただAmazonのレビューはそんなに多くなく、当時まだ先進的過ぎたのかもしれませんね。。

 

東洋的器量の研究―物欲資本主義の次に来る文明原理

東洋的器量の研究―物欲資本主義の次に来る文明原理

 

 松下政経塾1期生だった、僕の人生の師匠の本です。

日本の歴史や偉人の思想、そしてこれから日本人として、世界でどのように生きていくべきかということが書かれています。

 

 

このレベルになると、読んでる人いるんでしょうか。。

師匠の師匠です。