読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知数Xを求めて

起業家としての生き方、ビジネス英語学習、海外ビジネスについて書いています。

MENU

ブログ始めて3日で16,000PVに到達した話。世界を変えられるかもしれないと考えた、仮説と検証結果

ブログ運営戦略

 

 

f:id:gayan2:20160322025755p:plain

目次

・結果

・仮説 

・考察

 

結果

PV数

以下、「はてな」のアクセスカウンターです。3日間PV合計で約16,000。もうちょいあるか..

f:id:gayan2:20160322024829p:plain

 

以下Google Analyticsのデータ。導入が少し遅れたので、

PVは「はてな」のアクセスカウンターより少ないが、約13,000になっています。

f:id:gayan2:20160322024938p:plain

 

PV数の増加要因

以下のように、「はてなブログ」の人気エントリーに入ったことが要因になっています。

f:id:gayan2:20160322030536p:plain

 

リアルタイムではこんな感じ。多い時で130PVくらいありました。

ユーザーの皆さんの呼吸が生々しく感じられました。

f:id:gayan2:20160322031051p:plain

 

仮説

 

幼少期から「もしかしたら世界を変えれるかもしれない」と考えていた。

そして色々悩み、色んな本を読んだ。結果、ある仮説に辿り着いた。

説明すると長くなりすぎるが、以下の概念が思い浮かんだ。

f:id:gayan2:20160322032003j:plain

もう、散々頭がおかしいと言われ続けたので、仮説が間違っていようとどうでもいい(笑)

 

「自然の摂理」というものがあり、その元に「はてな共栄圏」がある。

そして、色んなユーザーの方が混在している。

 

中にはインフルエンサーという多くのアクセスを稼ぐブロガーの方がいる。

ユーザーの方達は、「喜怒哀楽」という感情を媒介して、それぞれ繋がっている。

彼らに対してなんらかのアクションを取ってもらうには、彼らの「喜怒哀楽」に対して「共感」という手段を通じて働きかけようと考えた。

 

しかし、人によってそれまでの人生経験は異なるし、価値観も違う。

なので、誰もが共感できる思想って何なんだろうと考えた。

その結果、思いついたのが「自然の摂理」だ。

日本人であれば「東洋思想」「日本人としての価値観」といったようなことだ。

ここはまた長くなるので、省く。

 

色々考えた結果、辿り着いたのは「世界中の人が幸せになる考えを創りたい」と考え、「人がいきいきしている状態」「人が孤独を感じず、思いやりにより繋がっている状態」「自利利他を行っている状態」というキーワードが思い浮かんだ。

 

そして、そのキーワードに対して自分の生きてきた経験一つ一つを紡ぎ合わせ、

ストーリーを書いた。寝食を忘れて書きまくった。

結果10記事くらいできた。

(一部以前から温めていたものもある)

 

以下のような感じ。

gayan2.hatenablog.com

gayan2.hatenablog.com

gayan2.hatenablog.com

gayan2.hatenablog.com

 

その書いたストーリーに、多くの「共感」を求めるフェーズが必要であった。

 

ではそれをどうやって、この連休中にやるかという問いを立て、

効率性、インパクトの大きさの観点から、インフルエンサーと呼ばれる方にまずは働きかけてみようとした。

 

この着想を得た背景として、過去にメディア運営で得た成功体験がある。

newspicks.com

僕が書かせていただいた記事が、バスってニュースピックスに取り上げられたことだ。

そこから、多くのコミュニケーションが生まれ、出会いが生まれた。

 

その興奮をもう一度味わいたいと思い、以下のようにインフルエンサーに声をかけた。

(すみません、実験道具にしてm(_ _)m)

 

例①

f:id:gayan2:20160322034003p:plain

 

例②

 

f:id:gayan2:20160322034045p:plain

 

 

 

実際思ったより効果がなかった(笑)それによりバズるということはなかった。

 

 もっとユーザーの方が求めていることを考えた。

ユーザーの方の喜怒哀楽。激しく動く情動を想像した。思いやった。

その結果、もっと皆さんが幸せになるような記事を書こうと思った。

人が自由になるための第一歩である「自分で考える」ということについて書いた。

 結果、多くの方に読んでいただいた。

実際は価値のあるものになったかわからないが、

ユーザーの皆さんへの「貢献感」を得ることができた。

 

あくまで「自己変容」と文脈の中で変えた「世界」であるが、

僕にとっては紛れも無く、「世界」を変えた瞬間であった。

 

考察

自分でも何を言っているのか分からなくなってきた(笑)これ多分考察じゃない。

とりあえずもうすぐ休み明けで、仕事が始まるのに、寝たいのに寝れない。

 

でもお休み、地球。