読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知数Xを求めて

起業家としての生き方、ビジネス英語学習、海外ビジネスについて書いています。

MENU

意識高い学生時代~入社して死にかけるまで/僕の人生①

僕の人生

意識高い学生(笑)の典型だった学生時代

僕はとにかく、幼い頃から自信が無かった。そして、不器用に生きてきた。

その反動で、学生時代は空っぽの自分をいかに大きく見せようかと、見栄を張り続けてきた。

自分の内側ではなく、自分の外側にあるもので「承認欲」を満たし続けた。

その最たるものがこの写真である。

安倍晋三さんと大学2年の僕。とある政治家のパーティーにて。

(安倍さんを決して馬鹿にしているわけではない。)

 

この写真をmixiに投稿し、「いいね」が付くことこそが生きがいだった。

 

このストーリーは単純だ。

自信の根拠を、自分の外にあるものに求めず、

自分の弱さを認め、自分の内側に見出したストーリーだ。

 

その結果、学生時代「社会を変えたい!」(笑)と豪語し続けたが、

本当に「社会を変えたくなった」。

 

あと、誤解を招かぬように..

自分がどん底にまで落ちた要因は、所属組織にはない。。

(事実、同期は誰も僕のような状態になっていない。笑)

ただ、自分が自分を受け入れることができなかっただけだ。。

 

見栄とプライドで生きることの限界が来た...

 

「新規事業を立ち上げたい」

まだ何も知らなかった就活時代に、自分の直感を信じて入社した会社の新卒研修。

早くも、あまりに周囲と比較して「できない自分」を執拗に責めた立てた。

学生時代に培った、付け焼刃の自信が幻想であったことに気付き、激しい自己嫌悪に陥った。

気がつくと人の話が耳に入らなくなり、視界がぼやけ、酸素が薄くなっていた。

研修課題のプレゼンで、同期が20枚以上のスライドで自信ありげに発表する中、

委縮した脳で徹夜して、僕が作成できたスライドは、わずか3枚。(笑)

内容も誤字脱字だらけの数10字程度の文字の羅列であった。(笑)

 

いざ、自分のプレゼンの番。

「す、すみません、、何もできませんでした。。。」

見せかけだけの虚像で、承認欲により生きてき自分の拠り所は、既に跡形もなく消滅していた。

「生き方に限界が来たんだ...」

生きる拠り所を失った僕は、自信を失って何もできなくなった。

 

寝ても覚めても「死後の世界」が目の前に広がる

 

 

「ここは生き地獄だ..」

 

配属後、研修当時よりも「自己否定感」に苦しみ、委縮した脳は、さまざまな幻覚を僕に見せた。

道で通りすがる人々が僕を嘲笑っている。騙そうととしてくる。

死神の様な黒い物体が、頭上を浮遊している。(周囲にはヤク中と間違われた。笑)

 

起きている間も、寝ている間も決して「地獄」からは逃れられなかった。

朝になれば、強烈な絶望感が襲ってきた。

本当にとんでもない世界だった...

 

仕事中にも容赦なく脳内で「地獄」が再生される。

そんな状態で仕事が手に着くはずもなく、仕事は遅延し、周囲に迷惑をかける。

それにより、脳内の「地獄」は増幅し、膨張する。

恐怖で過呼吸となった僕はトイレに駆け込み、荒くなった息を整える。

本当にこの世の「生き地獄」だった...

 

生きることを諦めそうになり、

親と親しい友人に止められるという始末であった。(笑)

次に続く。

gayan2.hatenablog.com