読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知数Xを求めて

起業家としての生き方、ビジネス英語学習、海外ビジネスについて書いています。

MENU

会社経営の優先順位とは?悪循環を断つ思考法

最近、全体的に管理業務や間接業務に追われ、会社の経営において非常に重要な、売り上げを上げるアクションが殆どとれていない状態になっていた。

やることがありすぎで、片っ端からToDoリストに記載していくと、何が重要かの判断が徐々にできなくなってきており、重要なことではなく、手のつけやすいタスクから処理していく傾向にあると気づいた。

間接業務に時間を使う→資金的に厳しくなる→資金調達のための業務が増える→間接業務に時間を使う というような悪循環を産むシステムにはまりこみそうになっていることに気づいた。

会社にとって重要なことをまずは見極め、自分の得意なことに集中し、やらないことを見極め、アクションしていけなければならない。

大量に情報処理をしていく中で、ごそっと何かを捨てていく必要があるし、時間の使い方をある程度固定化しなければ成果が得られないと痛切に感じた。

このように、自分が悪循環のシステムにはまっていることは、一つ上の視点からメタ認知ができないと、なかなか気づいてそれを断つことが難しいので、なるべく経験のある人にアドバイスを求めた上で、問題の構造をあぶり出していく必要があると感じた。

最近読んだ本で、ある事象が起きる背景にあるシステムを把握し、問題解決を行う思考法である「システムシンキング」を掲載しておきます。

 

システム・シンキング入門 (日経文庫)

システム・シンキング入門 (日経文庫)